一般マナー

結婚式招待状の返信マナー【出席編】

ポイント

■なるべ早く、1週間以内に返信を!!

■黒のペンで、線引きには定規を使う。

■【表面】宛先の「行」「宛」を『様』に修正。

■【裏面】自分への敬称を消す。メッセージを書く。

 

①返信はなるべく早く!!

 

招待状到着後は、なるべく早く返信する様にしましょう。

目安:2〜3日以内

限度:1週間以内

出席する場合、返信が早い程出席する気持ちが強い、という表現になるというニュアンス。

ま、今時はそんな事ほとんど気にしないですけどね。

1週間以内には返信しましょう。




②記入は黒のペンで!!線引きは定規を使おう

 

筆ペン・万年筆等で記入しよう。

カラーペンはNG。

書き慣れない筆ペンで文字が汚く・潰れたりしてしまう様なら、

黒のボールペンで全然OK。

丁寧に(綺麗にではない)書くことが気持ちの表現になります。






③【表面】宛先の「行」or「宛」を『様』に書き直す



表面は簡単。

「行」もしくは「宛」を二重線で消し、『様』に書き換えるだけ。

ただし、宛名が新郎新婦の連名となっている場合は、一人ずつ『様』を付ける点だけ注意しよう。


④自分への敬称を全て消す。メッセージを書く。








上の画像を参考にしてください。



アレルギーは、無ければ別に何も書かなくていいです。


『特にありません ご配慮いただきありがとうございます』


とか書く人もいますが。







忘れやすいのは



「ご欠席」を二重線で消す事と、

細かい「ご芳(名)」「ご(住所)」あたりだろうか。




その他ポイントは



■『慶んで』(出席)『させていただきます』と書き加える

これはもはやスタンダード。「喜んで」でもOK。



■さすがに一言でもメッセージは書こう。


■メッセージには句読点「、」「。」は使わない。

句読点は『区切り』や『終わり』を連想させて縁起が悪いから、との事。

油断したらつい癖で付けてしまうぞ。

意外と一番注意しなければならないかもしれない。





以上が、出席する場合の結婚式招待状の返信方法・マナーとなります。



他にも細かい技?があったりしますが、上記マナーを抑えておけば、


とりあえず間違いない!!






知らずに出しても、よほど仲が良かったりしない限り、なかなか相手は指摘してくれません。


まあ、自分が恥をかくのはいいとしても、相手に失礼があると嫌ですよね。






参考となれば幸いです。







ABOUT ME
MAH
30代男。既婚。一児の父。 ごく普通のサラリーマンであり、何者でもないのである。